未分類

BTS ユンギさんがインスタストーリーにアップした本

投稿日:

BTS SUGA氏が インスタストーリーにアップしていた本はこちらです。

この本を持って空港を移動している姿を見たことのあるARMYも、いらっしゃるのではないかと思います。

ユンギがインスタにあげていた文章はこちらです。

(以下、意訳です。)

数多くの結婚式が挙げられたなら、

それとおなじ数だけお葬式に行って泣くことになる

始まりの瞬間があれば、

終わる瞬間も必ず来るだろう

あなたに友達が多ければ その分の別れの悲しみを味わうこともあるだろう。

喪失感は、挑戦があったからこそ生じる。

たくさんの失敗をしたとしても

何もせずに生きていくよりマシだ

きらめく星へ手を伸ばしたいと努力することは不幸ではない

それよりも、暗い空しか見上げることが出来ないことのほうが、不幸なのである。

 

【内容紹介】
ほんとうに生きるために、あなたは時間を割いてきただろうか。

「一生」とよばれるこの時間のあいだには、学ぶべきさまざまなレッスンがある。とりわけ死に直面した人たちとともにいるとき、そのことを痛感する。死にゆく人びとは人生のおわりに多くを学ぶが、ほとんどのばあい、学んだ教訓を生かすための時間が残されていない。一九九五年にアリゾナの砂漠に移住したわたしは、ある年の「母の日」に脳卒中でたおれ、麻痺状態におちいった。それから数年間は、死の淵に立たされたままだった。すぐにも死がやってくるだろうと、幾度となく覚悟した。そして幾度となく、それが訪れてこないことに失望した。準備はできていたからである。でも、死ななかった。なぜなら、わたしにはまだ学ぶべきレッスンが、最後のレッスンがあったからだった。そのレッスンの数々は人間の生にかんする究極の真実であり、いのちそのものの秘密である。わたしはもう一冊、本を書きたいとおもうようになった。こんどは「死とその過程」についてではなく、「生とその過程」、つまり人生と生きかたについての本を。(著者エリザベスのメッセージより)

【目次】
第一章「ほんものの自己」のレッスン
第二章愛のレッスン
第三章人間関係のレッスン
第四章喪失のレッスン
第五章力のレッスン
第六章罪悪感のレッスン
第七章時間のレッスン
第八章恐れのレッスン
第九章怒りのレッスン
第十章遊びのレッスン
第十一章忍耐のレッスン
第十二章明け渡しのレッスン
第十三章許しのレッスン
第十四章幸福のレッスン
最終レッスン

内容(「BOOK」データベースより)
「死に直面している人たちはいつも、大いなるレッスンをもたらす教師だった。生がもっともはっきりみえるのは、死の淵に追いやられたそのときだからだ。そのレッスンの数々は、人間の生にかんする究極の真実であり、いのちそのものの秘密である」終末期医療の先駆者が静かに語る、人生の十五のレッスン。

著者について
●エリザベス・キューブラー・ロス:医学博士、精神科医。終末期医療、死の科学のパイオニア的存在。代表作『死ぬ瞬間』は世界的ロングセラー。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
キューブラー・ロス,エリザベス
医学博士、精神科医。ターミナルケア(終末期医療)、サナトロジー(死の科学)のパイオニアであり、その成果をまとめた『死ぬ瞬間』(中公文庫)は世界的なロングラセーとなった

ケスラー,デーヴィッド
ホスピス・ケアのスペシャリスト。数百人の終末期患者と時を共にしてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)





-未分類,

執筆者:

関連記事

Keyucaのサラダスピナー

ケユカのサラダスピナーは、使いやすさやデザイン性が高く評価されています。水洗いしたサラダを入れて回すだけで、シャキシャキの野菜が作れるので、手間がかかりません。また、フタが分解できて洗いやすいので、衛 …

「お肉が売れる」 肉がたべたい。

今、マスクや消毒液、トイレットペーパーが入荷するなり飛ぶように売れています。 こんな中、消費者の傾向を分析している研究所が、だしたレポートのなかで、 少々、話題になっているのが、 「お肉が、大変よく売 …

タイガー魔法瓶 MME F 1.5L 部活に、試合に、キャンプに 大活躍 スポーツ飲料ok ポカリスエット粉末 最強グッズ

ソロキャンプ歴5年が缶ビール&ペットボトルが入る最強「クーラーボトル」を全キャンパーに推したい【超保冷】 今回の推しは、こちらのタイガー魔法瓶です。 Hinataチャンネルでも紹介されています …

イケハヤ大学【徹底紹介】おすすめ書籍 自己啓発系 まとめ

イケハヤ先生、今回はこんな感じの動画をだしていました。 こちらで紹介された書籍をまとめてみようと思います。 ~自己啓発編~ ①七つの習慣 完璧なる定番の自己啓発本。なかなか難しいところもあるのと、読む …

82年生まれ、キム・ジョン チョ・ナムジュ著

村上春樹の初期の小説のようなシンプルな情景描写からはじまるこの本は、 子供が生まれたばかりの普通の若い夫婦の日常から始まる。 この小説ははじめ担当編集者も一万部はいかないと予想していたらしいのですが …